ディズおたパパの育児日記

ディズニーおたくな新米パパが育児に時に趣味に奮闘する日々を書きとめるブログです( ´ ▽ ` )ノ

『TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣』開封の儀とレビュー

スポンサーリンク

『TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣』

ようやく開封することができました。

早速レビューしていきます(^^)

 

 『TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣』

 

・外箱(旧獣奏剣との比較)

以前、帰省の際に初代を発見したのでその比較もしていきたいと思います。

f:id:kyopapa:20170612220404j:plain

箱の大きさが倍以上!!期待できます!!

f:id:kyopapa:20170612220442j:plain

外箱を開封すると中には宝箱の様な仕様になった内箱が現れます!!

この時点でワクワクが臨界点を突破しています(^^)

 

f:id:kyopapa:20170612220557j:plain

 

開封するとそこにはドラゴンレンジャーが!!この絵は当時開発に携わった方のスケッチとのこと(^^)かっこういい!!

 

・本体(旧獣奏剣との比較)

f:id:kyopapa:20170612220727j:plain

早速取り出してみました!!下は初代『獣奏剣』

この時点でかなり印象が変わっているのがわかります。

大きさもさることながら、全体的にずっしりと重く手に馴染みます。

各パーツもダイキャストで出来ているので重厚な質感も楽しめます。

またドラゴンレンジャーのエンブレムが劇中と同じ様に配置されています。

当時は笛を吹いている時にエンブレムが正面を向く様に変更されていたとのこと!!

f:id:kyopapa:20170612221030j:plain

横から見るとこんな感じ!!絵の部分とか質感が写真でも伝わってきますね(^^)

f:id:kyopapa:20170612221121j:plain

裏面はこんな感じです。

初代のチープさが強調されている様な・・・

さすがリメイクは違う!!

初代で目立っていたネジ穴は全てプラパーツによって隠れています。

素晴らしい配慮(^^)

f:id:kyopapa:20170612221254j:plain

ON・OFFはこの部分がスイッチになっています。

この表記はいらなかったかな(^^;)

f:id:kyopapa:20170612221423j:plain

電池は柄頭のパーツを外します。するとスライドで電池ボックスが引き出せます。

電池は単4を2本。

f:id:kyopapa:20170612221624j:plain

 

・本体内蔵音源(旧獣奏剣との比較)

獣奏剣はバルブが3つあります。

その1つ1つに音色がプリセットされていてマウスピース部分を押すことにより音が鳴る仕組みになっています。

初代の時に比べて演奏時間が長くなっていました。

またバルブ3つ同時押しと言った特典音声が内蔵されています!!

f:id:kyopapa:20170612221940j:plain

付属の台座にのせるとこんな感じに収まります。

ドラゴンレンジャーのシンボルと緑に装飾された台座!!格好いい(><)

f:id:kyopapa:20170612222041j:plain

ちなみに初代を乗せるとこんなにちゃっちく感じます!!

スケールの違いによる印象て大きいですね(^^;)

 

・特典

f:id:kyopapa:20170612222149j:plain

あと特典で当時の製作秘話掲載のブックレットが付いてきます。

かなり読み応えがありました。

 

今回の購入は本当に良かったと思っています(^^)

さてどこに飾るかな!!

TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣

売り上げランキング: 12,020