ディズおたパパの育児日記

ディズニーおたくな新米パパが育児に時に趣味に奮闘する日々を書きとめるブログです( ´ ▽ ` )ノ

突然の突発性難聴 その4(完治後の体調不良)

スポンサーリンク

突発性難聴は回復したものの体力が全く回復せずに過ごしました。

仕事に出ても1日保たずにダウンする毎日。

正直とても辛かったです。

この頃、耳の違和感は無くなりました。

しかし、身体が痛い。特に背中です。

僕は内臓が悪くなっているのかと思ったのですが、かかりつけの内科医さんで検査をしたところ血液や心拍等々の異常は全く有りませんでした。

あまりに酷い状態だったのでありとあらゆる検査をしましたが、やはり異常無し。

先生もストレスによるものではないかという判断でした。

 

この時失敗だったのは心療内科に行ってしまった事。

やはりそこでもストレスによるものと診断されました。

お薬も処方されました。

服用したところ飲み合わせが悪かったのかその日の夜、強烈な吐き気に襲われ目を覚まし、その後悶絶する様な気持ち悪さと戦いました。

結果、その薬の服用はしない方向でただただ胃薬を毎日飲みました。

身体にいいとされている事は全てやったと思います。

しかし、一向に体調は良くならず、たった1ヶ月で体重は8キロ減りました。

 

約2ヶ月ほどしてようやく体調が復調して新年を迎える事が出来ました。

間に胃カメラを飲みました。

結果としては胃潰瘍のあとが発見されました。

僕の体調不良の原因はコレだったようです。

先生いわくステロイド剤の副作用で胃がやられた事による強烈な吐き気と背中の痛みだということ。

副作用は人それぞれなので聴力は回復しても胃の方に薬とストレスのダメージが行ってしまったようです。それに自己判断で心療内科に行って処方してもらった薬が止めをさしてしまった・・・

 

地獄の様な2ヶ月でした。

 

今回痛感したのはお医者様が休めと言ったらしっかり休む事。仕事もとても大切だけど身体は1つしか有りません。自己判断で頑張ろうと思い結果さらに周りに迷惑をかけてしまいました。

あの時お医者様が言った様に入院してしっかりと点滴での治療をしていればこのような事態にはならなかったはず。

 

今更ですが反省・後悔しています。

胃潰瘍も非常に辛い症状です。僕は2ヶ月間普通の食事がとれませんでした。

食べては体調不良になるの繰り返し。とても辛かったです。

完治したから良かったものの。家族に与えた不安も大きかったでしょう。

これから一家の大黒柱にならなければならないのに非常に情けない結果になりました。

 

もし僕と同じ症状の方がこのブログを見ていたらしっかりと治療をする事をおススメします。我慢と自己判断は後々後悔を生みますから(^^;)

 

参考になれば幸いです。