ディズおたパパの育児日記

ディズニーおたくな新米パパが育児に時に趣味に奮闘する日々を書きとめるブログです( ´ ▽ ` )ノ

突然の突発性難聴 その3(投薬開始と症状の改善)

スポンサーリンク

投薬が始まり。

飲むお薬はステロイド剤の「プレドニン」と胃を守るお薬がいくつか

1日目・・・

変わらず高音がキンキンと反響しボーーーーーーという耳鳴りが続く。

さらに体調が悪化し横になっても何をしても気持ち悪い。

このまま死んでしまうのでは無いかと思うくらいどうにもならずに悶えてました。

食欲も無く、必死にアクエリアスとかOS-1を飲んで耐える1日でした。

仕事の為に入院ではなく錠剤で対処しようと思った事を本気で後悔しました。

 

2日目・・・

少し音が落ち着いてきた感じがしました。

高音の反響は和らぎ、ボーーーーと言う音も心無しか落ち着いてます。

しかし、体調不良はそのままで吐き気に襲われる1日でした。

 

3日目・・・

聴力に違和感は有るものの反響音やボーーーーと言う音は薄まりました。

気にしなければTVをみたりも出来そうでした。

しかし気持ちの悪さが取れません。吐き気・頭痛・倦怠感が日に日に増していきます。

通院し聴力の経過が良い事から錠剤の数が減ります。

1日3錠から2錠になりました。

 

4日目・・・

聴力の違和感は有るものの高音の反響、ボーーーと言う音は消えました。

しかし体調が優れずまともに動ける状態じゃありません。

本当に入院にしておけば良かった。

 

5日目・・・

錠剤は2錠から1錠に。

耳の軽い違和感意外は聴力は通常近くに戻りました。基本的な会話は問題なくできます。

しかし、体調不良が全く良くなりません。

流石に薬の飲み合わせ等々も考える様になりました。

 

6日目・・・

依然体調不良は継続

聴力は安定し検査では問題なく明日の投薬で突発性難聴の治療は終了との事。

体調不良に関してはかかりつけの内科に通院する事になりました。

 

7日目・・・

全ての錠剤を飲み終え治療は終了しました。

耳は通常通りに聞こえる様にはなったものの依然体調は戻りません。

 

体調不良の内容はまたつづくということで。

 

突発性難聴に関してはここで治療は終了しました。

以下が個人的なまとめです。

同じ症状の方は参考になれば幸いです。

 

・耳に大きな違和感を感じたら直ぐに耳鼻科へ。

(我慢していればいる程ドンドンと症状は悪化し治らないそうです。)

・時間があれば入院して治療した方がいい。

(僕は仕事の関係で休めないと思い入院を拒否しました。これが全ての間違いでした。聴力の違和感以外にも体調面での不具合も出てきます。)

・ストレスを抱えない様にリラックスを心がける

(正直、僕は性格的に神経質・心配性なので日々ストレスを抱えています(^^;)そもそもの原因は僕の性格だったのかもしれません。この病気は再発する事も多いそうなのでリラックスして過ごせる様に心がけましょう)と言っても今も息子や奥さんの心配等々でストレスは貯まりまくってると思います(笑)再発しない様に気をつけよう!!